薬を持っている様子

性病は性行為によって媒介される病原体によって生じる感染症のことを指し、その原因となる病原体はウイルスや細菌、真菌や寄生虫など多種多様に存在します。近年はオーラルセックスや肛門性交など、性交の手段の多様さのために性病の原因になる病原体が性器以外の箇所に症状を引き起こしている症例も少なくありません。また、性病の中には症状がそれほど重くならず、性病に感染したことを自覚しないままに経過してしまうことがあり、不特定多数の相手との性交で無自覚に広めてしまっている可能性があります。余程信用できる相手との性交でなければ、自分を守る手段をとって不用意に性病を貰わないことが症状に苦しまないようにする方法であると言えるでしょう。

性病を予防するために最も有効な自衛手段は避妊具を使用することですが、避妊具にも様々な種類があります。子宮内に留置することで精子が子宮内に侵入しないようにするペッサリーなどの避妊具では、性器どうしが接触してしまうために病原微生物の媒介を防ぐことが出来ません。避妊具の中でも特に、正しく使用すれば性器どうしの接触を完全に断つことが出来るコンドームを使用することが感染予防には有用です。コンビニエンスストアなどで購入できるなど入手も容易で、価格も安いため比較的手に取りやすく、高い避妊効果と性病の感染に対する予防効果が高い非常に優秀な避妊具であると言えます。

しかし、コンドームは正しい使用方法をしなければコンドームそのものがずれてしまい、避妊効果や性病予防効果が減弱してしまいますが、正しい使用法を知らずに使っている方も少なくありません。また、性器どうしの性交だけでなくオーラルセックスや肛門性交などの性器が別の箇所に触れる場合にも、コンドームを使用する必要があることも知らない方が多いのです。加えて、男性の中には性感を損なうという理由などで付けたがらない方も少なくありませんので、性病予防や避妊のためコンドームを付けたがらない非協力的な男性とは性交を行わないことが自分の身を守る手段となります。

もし性病に罹った場合は、性器周辺だけでなく全身に症状が現れることもあり、一過性の症状では済まないようなことも少なくありません。あなた自身のためにもパートナーの身も守るために様々な症状に苦しまないように、また無自覚に他の人に感染させたり、他の人から貰ったりしないために性的接触の際にはコンドームを適切に使用しましょう。

記事一覧
クラミジアに感染した時に現れる症状と治療に掛かるおおよその日数 2020年06月28日

性器クラミジア感染症は日本人に最も多い性感染症であり、性感染症全体の3割から4割を占める疾患であると言われています。その最大の要因は性器クラミジア感染症に感染し...

アジーのジェネリックは従来の薬よりどれくらい安く入手できる? 2020年06月01日

アジスロマイシンを配合した薬剤はジスロマックだけではなく、ジスロマックの後発医薬品であるアジーもアジスロマイシンを配合した性器クラミジア感染症の治療薬として知ら...

クラミジア治療の定番となっているジスロマックは用法に注意! 2020年05月29日

性器クラミジア感染症は日本人では最も感染者が多い性感染症であり、自覚症状が乏しく気が付かないままに進行して、女性であれば不妊の原因になる恐ろしい疾患です。その治...

性病の治療薬を通販で買う時は安全面に気を使おう! 2020年05月26日

性病の治療薬は原則、病院での診察などを経て処方されることとなります。それは的外れな治療薬を投与しても治療効果が期待できないということや、中途半端な量の治療薬を投...

性病の検査にはどんな方法がある?結果はすぐに教えてもらえる? 2020年05月23日

性病に罹っているかどうかの検査は病院などの医療機関の他、保健所などの一部公的機関でも受けることが出来ます。そこでは一体どのような検査を受けることになるのか、その...