アジーのジェネリックは従来の薬よりどれくらい安く入手できる?

薬を飲もうとしている女性

アジスロマイシンを配合した薬剤はジスロマックだけではなく、ジスロマックの後発医薬品であるアジーもアジスロマイシンを配合した性器クラミジア感染症の治療薬として知られています。後発医薬品はジェネリック医薬品とも言われており、先発医薬品であるジスロマックの特許が切れたことでジスロマックの販売元以外が同様の薬を作れるようになった、という経緯で誕生した薬剤です。研究開発費がかからないことから、先発医薬品よりもジェネリック医薬品の方が安価に購入できることが多く、治療効果もほぼ同じため大変人気です。

ジェネリック医薬品は近年、一般の患者さんにも認知されるようになり、希望すれば病院やクリニックでジェネリック医薬品を処方して貰えることも増えました。しかし、アジーは病院で処方されることは無く、そのため入手するためには通信販売で個人輸入をする必要があります。アジーは250mgと500mg、1,000mgの3剤型があり、うちいずれかを購入することになりますが性器クラミジア感染症の標準的な治療では1回の服用で1,000mgを服用する必要があるため、最も服用しやすい剤型を選ぶといいでしょう。

ジスロマックは、病院やクリニックで処方してもらうとなると自由診療で3,000円ほどコストがかかります。加えて、病院に行けば診察料や初診料、性器クラミジア感染症の検査に関する費用を請求されることもあり、薬価以上のコストを見込まなくてはなりません。一方、アジーは1箱6錠が入っており、2,000円程度で購入できるなど薬価だけで考えても10分の1という非常に抑えられた価格で治療できるのが特徴です。また、処方箋が必要なジスロマックの処方に比べて検査や医師の診療なく購入できるアジーの方が、診察料などがかからないのでコストはずっと抑えられるでしょう。

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品なので両者は成分的には全く同じ薬剤であり、服用上の注意や副作用、用法や用量、感染症に対する薬効は全く同じです。販売元以外は全く同じ薬剤を購入するために、このくらいの価格差がある、ということが分かるでしょう。性器クラミジア感染症に罹ったわけではないですが、淋病も含めた性病に対する予防や有事に備えてアジスロマイシン剤を持っていたい、という方も増えているだけに、安価に手に入る効果的なジェネリック医薬品のアジーの人気が大変高まっていることも頷けます。